WORKS 強化ダンボール梱包

CASE 001 | 梱包の改善で商品事故0を実現

導入の背景

商品事故の多発

◯貨物を自社でダンボール梱包して路線便で発送したところ、貨物が破損
◯路線便は積み替えや重ね積みがあるため、貨物が傷みやすい

機器に適していない梱包状態

◯梱包経験が浅く、梱包の仕方がよくわからない
◯貨物の性質上、プロから見ても設計が複雑な梱包

条件

◯木箱梱包不可(開梱と廃材処理が大変なため)
◯路線便での輸送の際に縦・横置きできる

当社からのご提案

路線便の衝撃に耐える『強化ダンボール梱包』

◯縦横どちらに傾けても箱の中で貨物が動かない設計
◯緩衝材も強化ダンボールを使用

結果

貨物の品質維持

商品事故0を実現

CASE DATA

お客様
医療機器メーカー様
ご依頼内容
医療機器の梱包方法の改善

CASE 002 | 梱包方法の変更で輸出コストを80%削減

導入の背景

輸送費の激増

従来の木箱梱包の場合
物量が10倍になるため、コストも10倍になる

納品先の環境の問題

◯重量物の運搬が困難
(木箱の場合は一段あたり○○㎏)
◯開梱に必要な機材・道具がない

当社からのご提案

重量を軽減できる「強化ダンボール梱包」へ変更

○弁当箱型仕様で、蓋を開けるだけで 簡単に開梱できる(開梱道具は不要)
○ダンボールのため再利用orリサイクルできる
○中のパネルは5枚ずつ結束し、揺れ・擦れへの耐性を強化

結果

80%コストダウン

70%重量ダウン(3~4名で運べる重さを実現)

貨物の品質維持

梱包資材の廃棄費用削減

CASE DATA

お客様
農業事業経営者様
ご依頼内容
ビニルハウスの
天井パネルの輸出