APPROACH TO SAFETY

装置

01新デジタル
タコグラフ
(E&Sシステム)

従来のデジタルタコグラフの機能に、「滑らか運転」、「予知運転」、「惰性運転」各指標を追加したE&S(エコ&セーフティ)指数を新たに加えた新デジタルタコグラフを全トラックに搭載しております。基本的には、適切な車間距離がとれていること及び一定の速度で走行できていることなどが評価されますので、事故の防止だけでなく、燃費の向上にもつながる画期的なシステムとなっています。

02ドライブ
レコーダー

事故発生前後の映像だけでなく、ウインカーやブレーキの作動状況、速度や加速度なども記録することができるドライブレコーダーを全トラックと営業車に搭載しています。活用方法としては、実際に事故が発生した時に、その映像を基に原因や対策を分析したり、保険対応時の情報源とするだけでなく、ヒヤリとする事例も映像として記録に残せるようにして、そのヒヤリハット映像を日々の教育訓練に役立てています。

03バックモニター

バック事故を防止するために、トラックのエンジンをかけると、後方の状況が常時映し出されるバックモニターを全トラックに搭載しています。ただ、バックモニターだけに頼ってしまうと別の事故を誘因してしまう恐れがありますので、自分の目で直接確認する目視確認が基本であることを徹底してドライバーに指導しています。

04衝突防止
補助システム・
衝突被害
軽減ブレーキ

今後発売されるトラックには標準搭載されるようですが、当社では2010年より下図のような警報装置や軽減ブレーキを一部トラックに導入し、検証をしながら本格導入に向けて真剣に取り組んでおります。車両/車線/人を検出し警報する5つの機能を搭載しています。

05左右
アンダーミラー

当社では巻き込み事故防止のため、小型トラックにも左ミラーには「3つの鏡」がついております。